Sponsored Link

【都内おすすめ松岡美術館】フランスを旅しているような気分にさせてくれる松岡コレクション 印象派・新印象派の美術展

こんにちは。MIKIKOです。

のんびり、リラックスして美術鑑賞したい時におすすめの松岡美術館

続いては今、開催中の展覧会についてです。

www.mikikoparis19.com


松岡コレクション 印象派・新印象派- モネやルノワールはどこを描いたの?なにを描いたの?

現在開催されている企画展は

松岡美術館コレクションの中から印象派・新印象派の作品が展示されています。

画家の故郷やお気に入りの場所を描いたフランスの風景画。

ブルターニュ半島、ノルマンディ地方の海、イル・ド・フランス地域など、

フランス各地の風景が画家の視点で描かれています。

 

 

アンリ・モレ/ ラドサン フィニステール

Henry MORET/ Le Raz de Sein,Finistère

Finistère — Wikipédia

20170725095208

マクシミリアン・リュス/ ムリヌーの池(エソンヌ県)

Maximilien LUCE / Molineux,l'étang 

Essonne (département) — Wikipédia

 

20170725094746

マクシム・モーフラ/ キブロンの時化

Maxime MAUFRA/ Tempête à Quiberon

キブロン - Wikipedia

20170726111359

絵を鑑賞しながら画家の気分になって

描かれた場所の風、光、空気を感じてみるのも面白いですよ。

 

私は絵を見た後に、その場所がフランスのどの辺りかな?と

地図やインターネットで調べてみました。

さらにその絵に親近感が湧いて、次回のフランスで行ってみたいと思いました。

 

フランスを旅するような気分にしてくれる

松岡コレクション 印象派・新印象派の美術展は、

2017523日(火)~923日(土・祝)

詳細はこちら↓

松岡美術館