Sponsored Link

2018年2月3日、節分の日に思うこと

こんにちは。MIKIKOです。

昨日、2月3日は節分でしたね。

皆さんは、いかがでしたか?

 

私は今年出版する本の打合せで故郷の名古屋へ。

久しぶりに実家で過ごした節分でした。

 

そして、昼間は尾張四観音(おわりしかんのん)の一つである龍泉寺さんへ行ってきました。

尾張四観音(おわりしかんのん)とは、尾張国の代表的な四つの下記の観音寺

を指す言葉である。

尾張四観音 - Wikipedia

 

ところで尾張四観音(おわりしかんのん)の始まりは、

徳川家康名古屋城を築く時からなんです。

災いや災難などを鎮めるために4つの寺をお城からの鬼門の方角に置いたというお話は、子供の頃からとても興味がありました。

徳川家康名古屋城の築城に際し、城から見て鬼門の方角にある上記4寺を鎮護として定めたとされる。

 

節分の四観音や龍泉寺さんのお話はまた別の機会に書こうと思います。

 

さて、龍泉寺さんから実家へ戻る途中、仲良しの姉から写真とメッセージが届いていました。

「美味しいお刺身を実家に届けたからね」とのメッセージ。

下が、お刺身になる前のお魚の写真です。

 20180204101830

そして下の写真が、届いたお刺身です。

 

見るからに新鮮なのがわかるほど、ピッカピカでした。

20180204101853  

夕食前に皆んなで「鬼は外、福は内」と盛大に豆まきし、

その後、姉からのお刺身を美味しくいただいたあとは、恵方巻き。


一人一人、巻き寿司一本を、今年の恵方の方角・南南東を向いて「がぶりっ」とかぶりつきました。

 

さすがに、一本丸ごとかぶりつきながら食べられないので、一口だけ食べてからは

食べやすいようにカットしていただきました。

 

久しぶりに実家で過ごした節分。

とても幸せなひと時でした。

感謝ですね。

20180204101922