Sponsored Link

【おすすめ本紹介・パン屋さんのフランス語】パリの優しいブーランジェリーでバゲットcraquante (クラッカン)を買う楽しい毎日

こんにちは。MIKIKOです。

皆さんは朝ごはん、何を食べていますか?

 

私は実家暮らしの頃は、ご飯にお味噌汁が定番。

マクロビオティックライフをしっかり実践していた時は、

梅醤番茶や玄米粥など、体調に合わせて選んでいました。

 

そして、パリにいる時は、バゲットのタルティーヌが定番。

タルティーヌはバゲットを半分にカットし、それをトースターで焼きバターとジャムを塗ったものです。

 

タルティーヌ(La tartine ラ・タルティーヌ)については

下記、私のおすすめ本「パン屋さんのフランス語」62、63ページに載っていますよ。

「パン屋さんのフランス語」 

パリのお気に入り・優しいブーランジェリーで毎日バゲットcraquante(クラッカン)を買う楽しみ!

パリでお気に入りのブーランジェリーの一つがここ↓

Boulangerie Saint Antoine

ブーランジェリー・サン アントワーヌ・サントントワーヌ)

 

私達はここのバゲットcraquante(クラッカン)が大好き!

ほとんど毎日、バゲットcraquante(クラッカン)を買いに通っていました。

f:id:mikikoparis19:20180118125801j:plain

バスティーユ広場からも徒歩で4、5分ほどの場所にあります。

 

パリのブーランジェリーで気軽にフランス語会話レッスンができます

 

毎日私たちが、同じ時間にバゲットcraquante (クラッカン)を買いに通っていた

Boulangerie Saint Antoine

ブーランジェリー・サン アントワーヌ・サントントワーヌ)

 

自然と店員さんも私たちのことを覚えてくれ、

「craquante (クラッカン)?」

 クラッカン(が欲しいの)? 

 

私たちが、

Une craquante s'il vous plaît」

(ユンヌ・クラッカン・シル・ヴ・プレ)

クラッカン1つ下さい。

と、言わなくても笑顔で聞いてくれるようになりました。

 

やはり人間同士なので、笑顔で心が通じるのはうれしいですね。

 

パン屋さんでフランス語を使うときは、

Une craquante(ユンヌ・クラッカン)を自分が買いたいパンに置き換えて使えます。

例えば、

バゲット1つなら、

Une baguette(ユンヌ・バゲットs'il vous plaît(シル・ヴ・プレ)

 

クロワッサン1つなら、

Un croissant(アン・クロワッサン)s'il vous plaît(シル・ヴ・プレ)

 

 

パリの優しいブーランジェリーで自分好みのバゲットを買うフランス語に挑戦!

さて、パリのパン屋さんでも毎日たくさんの種類のバゲットが焼かれますが、手作りなので焼き具合はいつも同じじゃありません。

 

もし、焼き加減の好みがあれば、伝えることもできますよ。

 

例えば、焼きすぎてない、こんがりしすぎていないバゲットが好きな場合は、

Une craquante pas trop cuite s'il vous plaît....

(ユンヌ・クラッカン・パ・トロ・キュイット、シル・ヴ・プレ) 

 

こんがりしすぎていないクラッカン1つ下さい…

 

「パン屋さんのフランス語」では、

110ページから、パンの焼き具合に注文をつけるフランス語が載っていますよ。

f:id:mikikoparis19:20180118121133j:plain

パリの優しいブーランジェリーで「ある日のフランス語会話

 

いつものように

Une craquante pas trop cuite s'il vous plaît....

(ユンヌ・クラッカン・パ・トロ・キュイット、シル・ヴ・プレ) 

 

こんがりしすぎていないクラッカン1つ下さい…と言うと、

店員さんが、

 

Ah...ce n'est pas possible, 

(ア…ス・ネ・パ・ポシブル)

Elles sont toutes bien dorées !

(エル・ソン・トゥツ ビヤン・ドレ!)

 

あ…それは無理です。

全部よく焼けています(こんがりしています)

 

理由は、

私たちがお店に訪れた時に焼きあがったバゲット・クラッカンは、

全てよく焼けて、こんがりしているものだったんです。

 

パンを焼くとき、焼く窯の中の場所によって焼き具合が変化しますよね。

今焼きあがったバゲット・クラッカンは火がよく通る場所で焼きあがったようでした。

 

さて、こんがりきつね色に焼けたバゲット・クラッカン。

f:id:mikikoparis19:20180118121111j:plain

バゲット・クラッカンは、生ハムを添えてバターを塗って食べても美味しいです。

f:id:mikikoparis19:20180118121213j:plain

そして初めてBoulangerie Saint Antoineで、

ガレット・デ・ロワも購入してみました。

f:id:mikikoparis19:20180118125753j:plain

さっくり、きつね色に焼けたガレット・デ・ロワ

もちろん、とっても美味しかったです。

f:id:mikikoparis19:20180118130214j:plain

 今年のフォーヴは、可愛い、ガトーでした。

f:id:mikikoparis19:20180118130224j:plain

パリには、たくさんのパン屋さんがあります。

ぜひ、パリへ訪れる機会があるときには「パン屋さんでフランス語」を試してみてくださいね。

パンを買うのが楽しくなりますよ。

www.mikikoparis19.com