Sponsored Link

【パリお菓子散歩・チョコレート】パリで日本人女性ショコラティエール 佐野恵美子さんのお店 LES TROIS CHOCOLATS(レ・トロワ・ショコラ)へ行ってきました

こんにちは。 MIKIKO です。

今、パリにいます。

今日のパリは曇。朝方は雨が降り寒い一日のスタートです。

 

さて、今回は先日偶々インターネットで検索して見つけた素敵なお店

LES TROIS CHOCOLATS(レ・トロワ・ショコラ)についてご紹介したいと思います。

Les trois chocolats paris marais | パリ4区、マレ地区のショコラティエ

 

私は子供の頃から洋菓子・特にフランス菓子が大好きなんですが、

それは母の手作りお菓子、そして近所にあった洋菓子屋さんとの素敵な思い出がいっぱいあるから。

 

そんなほっこりと温かい思い出が重ねていけるような雰囲気が感じられた

LES TROIS CHOCOLAT (レ・トロワ・ショコラ)

 

場所はメトロ Saint-Paul駅 ( 1番線 )から徒歩3分。

フランスのスーパーマーケットMONOPRIXからも近いです。

お店の外観はインディゴ系ブルーに文字色がゴールド系。

色相環では離れた色相になるのできわだち配色。遠くからでも目立ちますよね。

また明度の低い深みのあるブルーはフォーマルで落ち着いたイメージ。

ゴールド系を使った小さめの文字もオシャレでお店に高級感を感じました。

2017121100561812月はクリスマスがあるので

ウィンドウディスプレイも赤をアクセントカラーに可愛く飾られていましたよ。

20171211005905

店内に入ると、ショーケース手前には可愛いカラフルなケーキ達が並んでいます。

20171211005824

その隣には美味しそうなチョコレート達。

LES TROIS CHOCOLATS(レ・トロワ・ショコラ)さんの店名は

フランス語で3つのチョコレートの意味ですが、

初代の御祖父様、2代目のお父様、そして3代目の恵美子さんの3人を表しているそうです。

 

下記は佐野恵美子さんプロフィールです。

オフィシャルサイトより引用

http://les-trois-chocolats-paris.com/jp/index.html#biographie

プロフィール

Les trois chocolats

祖父の代から博多で75年、皆様に愛され育てて頂いた、チョコレートショップを100年続く洋菓子店へと夢を持ち、渡仏しました。

10年間フランスでの修業を経ての念願が叶い、

2017年2月5日「Les 3 chocolats」をオープンする運びとなりました。

今日までに培ったテクニックと上質の素材を素に、

オリジナル性の高い品々を揃え、特に日本の素材を使用したものは別格の美味しさですので、ご来店の際はぜひご賞味いただけますと幸いです。

今後も先代より引き継がれた志を忘れず、全ての人々に愛されるチョコレート作りに日々研鑽を重ねて参ります。

今後ともよろしくお願いいたします。

20171211005728

LES TROIS CHOCOLATS (レ・トロワ・ショコラ)さんへは、今回が初めての訪問。

やっぱりチョコレートも色々試したいですよね。

贈り物は箱入りにしましたが、

自宅用は箱ではなく、袋入のチョコレートを選択しました。

一袋に12個まで入るとのことだったので、もちろん!12個にしましたよ。

これで、9.03 € 

1€= 134円として約1,210円, 1個約101円になります。

手作りチョコレートなのでかなりお得感を感じました。

f:id:mikikoparis19:20171211005326j:plain

ケーキも味見したかったので購入したのが、

スペシャリテ 3 Chocolats

1個5€

個人的に3という数字が好きなので

ケーキを眺めているだけでワクワクします。

20171211005012

 見た目がかなりどっしりと厚みのあるケーキなのですが、

20171211005048

中はふわふわのスポンジにクリーム。

甘さも控えめなので、一人でぺろっと食べれてしまいました。

今後も頻繁に通いたいお店LES TROIS CHOCOLATS(レ・トロワ・ショコラ)さんです。

20171211005127