Sponsored Link

パートナーからフランス映画業界の食環境を教えてもらって、思うこと

こんにちは。MIKIKO (@mikikoparis19) です。

今回は最近、フランス人パートナーから聞いた話について書こうと思います。

 

このブログの中で、パートナーの仕事についての話題、今まで書いてこなかった気がするので、よかったら気軽に読んでみてくださいね。

f:id:mikikoparis19:20180908103308j:plain

それは、パリでフランス映画の仕事をするパートナーとの日常会話から始まった

 

今、フランス人パートナーはパリで、ある映画の仕事をしています。

 

ある時、

「最近太った」て言うので、

 

「どうして?」と聞いたところ、

 

「毎日、職場で食事を作ってくれるシェフの料理が美味しくて、ついつい食べ過ぎてしまう」

 

さらに詳しく聞いてみると、

 

1. 毎日職場にシェフが通いでやってくる。

2. 食事はスタッフ全員に無料で提供される。

 

映画撮影の基本の仕事現場は、作成する映画によってその時々で違うみたいです。

理由は、撮影専門の大きなスタジを借りる場合もあるから。

今回、パートナーが関わっている映画は、パリにある普通の建物を借りて、そこにシーン毎のスタジオを作って撮影しているようです。

 

毎日、通いシェフ手作りの料理「前菜・メイン・デザート」が無料で食べれる!

 

時々、パートナーが今日食べたシェフの料理として、写真をパリから送ってくれます。

例えば、ある日の前菜が下の写真。

前菜だけで常に8種類前後はあるみたいですよ。

うらやましい限りです。

f:id:mikikoparis19:20180908103319j:plain

この牡蠣/ オイスター。すっごく美味しかったみたいです。 

f:id:mikikoparis19:20180908103348j:plain

その日のメイン料理は、豚肉のカレー風味。

f:id:mikikoparis19:20180908103330j:plain

そして、デザートはティラミス。

f:id:mikikoparis19:20180908103339j:plain

毎日、ホテルのビュッフェ料理を無料で食べている職場環境

 

とにかく、毎日毎日、前菜・メイン・デザートと通いシェフの作る料理を食べて仕事をしているようです。

まるで、ホテルのビュッフェ料理を職場で食べている感じですよね。

 

「どうして無料でご飯が食べれるの?」とパートナーに聞いたところ、

 

「映画業界の仕事は早朝から深夜まで長時間労働なので、会社は働く人達に無料で食事を提供しないといけない」

 

それはフランス映画業界の法律みたいなもの、と言ってました。

 

ある日の前菜1: 

f:id:mikikoparis19:20180908132358j:plain

ある日の前菜2: 

f:id:mikikoparis19:20180908103529j:plain

労働時間が長くても、プロのシェフ手作りの美味しい料理を毎日食べてれば、仕事の能率が上がる?

 

パートナーとの会話をとおして、

美味しいシェフの料理を食べて、働いている人達の仕事の能率が上がってる?とは感じられなかったけれど、

 

美味しい手作りの料理を無料で毎日食べれることで、仕事の不満がほんの少しは減ってるのかもしれないな、と感じました。

 

もちろん、フランスは一般的に自分の主張をハッキリ言うので、不満を口に出す数は減ってないとは思いますが。

 

それにしても、

毎日職場に通いシェフが来て、前菜・メイン・デザートを作ってくれる。

とてもフランス的な気がしますが、皆さんはどう思いますか?

 

以上、最近のパートナーとの会話で感じたことでした。

 

ある日のデザート1:

f:id:mikikoparis19:20180908132413j:plain

ある日のデザート2:

f:id:mikikoparis19:20180908132055j:plain