Sponsored Link

パリで大人気のメレンゲ菓子店から学ぶ、視覚ブランディング

Aux merveilleux de Fred 

f:id:mikikoparis19:20170503124010j:plain

 こんにちはMIKIKOです。 

パリに滞在している時、楽しみの一つがパリのお菓子屋さん巡り!

パティシエ(pâtissier/洋菓子職人)の友人から教えてもらって、

ずっと行ってみたかったお店が

Aux merveilleux de Fred

(オー・メルヴェイユ・ドゥ・フレッド)

北フランス出身のパティシエ、フレデリック(Frederic)さんのお店です。

ちなみにメルヴェイユ(merveilleux) はフランス語で素晴らしい!という意味。

メレンゲ(泡立てだ卵白)を使ったお菓子です。

味は全部で6種類。

The Merveilleux | Aux Merveilleux

パッケージや添えられているカードもとってもお洒落。

f:id:mikikoparis19:20170503111442j:plain

中がふわふわなので、フォークでカットする時は優しく!

口の中に入れるとまるで雪のように溶けてしまうくらい柔らかい食感。

甘さも控えめなのでフランス菓子好きの私は6個いっぺんに食べてしまいそうでした。

f:id:mikikoparis19:20170503111515j:plain

大人気メレンゲ菓子店の秘密は視覚効果を使ったブランディングにあった!

 味はもちろん美味しかったのですが、大人気の秘密は見せ方ブランディング効果もあるのではないか、と感じました。

ポイントは3つです。 

 

1.人が必ず立ち止まる場所にある

お店の場所は大通り(サン=タントワーヌ通り)から1本中に入った交差点にあります。見通しが良いので人がお店を見つけやすいし、信号があるので必ず立ち止まりますよね。

f:id:mikikoparis19:20170503110828j:plain

2.思わず食べてみたくなる、買ってみたくなる、パフォーマンス

お店の窓からは、実際にメルヴェイユ(merveilleux)を作っているところが見られます。

見ているだけでも楽しいし、

「あっ、こんな風に作るんだ」

「美味しそう」

「食べてみたい」

「買ってみようかな」

なんてなるのではないでしょうか。

実際、私の隣で一緒に見ていたアジア系やヨーロッパ系旅行者の方々は

「美味しそう」「食べてみたいな」と言ってお店に入って行きました。

f:id:mikikoparis19:20170503111239j:plain

 3.ピンク色効果を使ったウィンドーディスプレイ

 暖色系(赤、オレンジ、黄色等)の色は人間の食欲をそそる色。

オー・メルヴェイユ・ドゥ・フレッドも色の効果を上手く使っていました。

ショーウィンドの前面にピンク色をディスプレイ。

ピンク色は暖色系のグループの中の赤系の色。美味しそうなイメージ。

また可愛い、美しい、ロマンティックなど女性に好まれる色でもあるんですよ。

f:id:mikikoparis19:20170503111359j:plain

Aux merveilleux de Fred

(オー・メルヴェイユ・ドゥ・フレッド)

美味しいだけじゃなく、お洒落な雰囲気で見せ方ブランディングも抜群。

ますますお店が増えていきそうな勢いを感じました。

Aux Merveilleux