Sponsored Link

【2016年2月 パリ散歩・思い出日記(5)憧れの邸宅美術館・ジャックマール=アンドレ美術館で優雅に美術鑑賞、庭園を眺めながらテラスでランチ、そしてシャンゼリゼのバー・ネスプレッソへ

こんにちは。MIKIKOです。
いよいよ9月の最終週がスタートした月曜日。
私は引き続き断捨離を続けながら、色々なことを整理する1週間にしようと思います。
 
さて、本日も2016年2月 パリ散歩・思い出日記(5)お付き合いください。
 
 
2016年2月17日
 
今回のパリ滞在で一番訪れたかった邸宅美術館
ジャックマール=アンドレ美術館
 
フランス観光機構さんの公式サイトから引用しますが、
銀行家一族の相続人であるエドゥアール・アンドレとアーティストである彼の妻 ネリー・ジャックマール、彼らが世界中から収集した美術品を見ることができます。
 
凱旋門から伸びるオスマン通りに建つこの邸宅、ここに暮らしたエドゥアール・アンドレとネリー・ジャックマール夫妻が集めたコレクションとパリ屈指の華麗な邸宅。19世紀ブルジョワが作り出した空間を鑑賞できる。
 
下記はジャックマール=アンドレ美術館の公式サイト。
美しい邸宅美術館の写真が掲載されていますので、ぜひこちらも覗いてみてくださいね。
 
場所はパリのランドマークのエトワール凱旋門
観光客に有名なシャンゼリゼ通りからも歩いていける距離です。
 
 

優雅な時間が流れている憧れの邸宅美術館・ジャックマール=アンドレ美術館

 
オスマン通りに面する邸宅美術館。
美術館の入り口の隣にはカフェの入り口があり、カフェだけでも利用できます。
 
カフェを過ぎるとジャックマール=アンドレご夫妻と美術館の説明が書かれた素敵な案内表示があります。

{773E71CC-9470-42B2-8B7D-E627962D2D8E:01}

セキュリティチェック後、建物の中に入ります。
 
そしていよいよこれから訪れる邸宅美術館・ジャックマール=アンドレ美術館に続く道へ。
素敵な空間で道をゆっくり歩いているだけで、何だかワクワクしました。
{174DDF5A-21C6-4935-8AE3-E608DEFEE6F9:01}
 そして、邸宅美術館の正面玄関があらわれます。
 

{C9099D79-4CE6-48A6-B2BD-FD8A9BA92FC5:01} 

豪華な内装を楽しみながら、優雅に美術鑑賞できる空間にワクワク、うっとり

 
最初に訪れたのが大広間(les grands salons)
 
流石、邸宅美術館のジャックマール=アンドレ美術館
豪華な内装にうっとりしました。

{6FF7BA8E-7729-4C5F-87FB-2573A26E9D50:01}

昔はここで舞踏会(いわゆるパーティ)が開かれていたそうなので、想像していたらチャイコフスキーの花のワルツが聞こえてきて、思わずるんるんダンスしてしまった私です。

(ちょうど運良く?人がいなかったので変な人とは思われなかったと思います…)


{46CC3170-F181-46E6-BFA9-C7A10B833158:01}
この日は入館者が少なくて、ゆっくりのんびり。
 
優雅なサロンで意識だけタイムスリップ。
幸せなひと時でした。 
{65B11A17-F75D-4E52-B409-5A89ADFCB531:01}
 

美術鑑賞の後は、運良く邸宅内カフェのテラス席でランチを頂きました

 
美術鑑賞後、お腹が空いたので邸宅内のカフェでランチをしました。
{8C709C3B-3909-439F-8E96-09F44030931F:01}
カフェはいつもランチタイム時とっても混んでいるようなのですが、
ちょうどタイミング良くお庭が見えるテラス席に通して頂きました。
 
庭園を見ながらのランチは本当に気持ちよかったです。

{59CFE3FE-670A-4927-B483-32C82CCBC476:01}
さて、本日のランチは
 
鶏肉のソテー&サツマイモのピュレ。
 
思った以上にボリューム感のあるランチ。
完食したらお腹いっぱいになってしまいました。
 
最後にデザートも試したかったのですが、お腹のスペースの余裕がなく断念。
 
お会計の時にレジ担当の人に
「デザートを食べなかったの?おすすめなのに」と言われたのが思い出です。

{08C1633A-322B-418C-BABF-2B26D294147C:01}
 

シャンゼリゼにあるバーネスプレッソで店員さんとダロワイヨのマカロンの思い出

 
ジャックマール・アンドレ美術館の後、用事でシャンゼリゼへ移動。
 
用事を済ませ、ちょっと疲れたので休憩。
彼の親友おすすめのBAR NESPRESSO(バー・ネスプレッソ)へ行きました。
 
 
BAR NESPRESSO(バー・ネスプレッソ) の店内です。
 
{49BBC3BA-C4E2-46B8-B55E-D40DDC7BA77A:01}
 
エスプレッソespressoには、ダロワイヨのマカロンが付いてきます。

{ECEB22FA-3247-4687-AF29-31B409F82066:01}
このマカロンの味はフランボワーズ。
 
ちょうどその日、
バー・ネスプレッソではダロワイヨのマカロンをもう一個無料で食べられるサービス中でした。
 
でも、私のフランス語力がイマイチで店員さんの説明が聞き取れず…
結局、私がマカロンがあまり好きじゃない。という風に思われてしまいました。
本当は、大好きなのに。トホホ。
 
フランス人彼と一緒にいると、当たり前ですがフランス人の方々は皆ナチュラルスピードで話してきます。勉強にはなりますが、私にとってはものすごくハードルが高い!
 
このマカロンのエピソード以来、二人でバー・ネスプレッソに行くと必ず、
「Tu n'aimes pas les macarons/ 君はマカロンが好きじゃない」よね。。。と、
からかわれます。
 
まぁ、でも
「くやしいー、ぜったいフランス語力アップしてやるー」と
 
フランス語を勉強するモチベーションにつながるのでいいかもしれませんね。

{CC13554C-04A1-496A-A5CB-6F8E6D10FDE1:01}
爽やかな水曜日のシャンゼリゼ通り。
私のパワースポットであるエトワール凱旋門
大好きです。
 
{7EDD83B7-ABF1-4C60-94DB-D3CD2C9EE283:01}