東京・パリ、MIKIKOカラーライフ -Tokyo・Paris・Nagoya MIKIKO's Color Life

〜 人生はいくつになっても、今、ここから〜

Sponsored Link

今回、胃腸炎になったことが、人間の本能を磨く一つのレッスンになった、と思うことにした。

こんにちは。MIKIKO (@mikikoparis19) です。

今日の名古屋はとても風の強い日曜日。

皆さんの地域はいかがですか?

 

さて、すごーく久しぶりのブログ更新。

実は、胃腸炎(食あたり)になってしまい、約1週間寝込んでいました。

 

断食後、さらに体の調子が良くなっていたので、少し油断していたのかもしれません。

以前は毎日食べるものに、とても気を使っていたから。

6月は食中毒が起こりやすい時期。

ブログに訪れてくださる皆様も、くれぐれも気をつけてくださいね。

 

夕食に食べたコウナゴが合わなくて、胃腸炎に。。。

5泊6日のにんじん・りんごジュース断食後、体調がすこぶる良かった私。

うれしくて、ウォーキングしたり元気に楽しく過ごしていました。

 

療養中なので、ずっと体の中に入れるもの(食べ物)にとても気を使っていましたが、

ちょっと油断したんですね。

夕食に生でコウナゴ(新鮮なものですが)を食べてしまったんです。

(火を通していれば、まだ少しは良かったかもしれません。

 

 

いつもの「しょうが紅茶」も美味しくなく、病院で点滴しても上手く入らない

夜中から苦しくなって、それが明け方までずっと続き、朝になってようやく生姜紅茶を少しだけ飲むことができました。

でも体調に異変があると、いつもの生姜紅茶も味が変わって感じられるんですね。。。

全然美味しく思えず、とてもまずく感じました。

 

先日の診察でDr.石原に処方していただいた胃腸の漢方薬を飲み、

しばらく休んでいましたが、

夕食に食べたコウナゴの「食あたり」かもしれない。

そう思い、近くの病院(内科)を探して行くことにしました。

 

病院では念のため、腹部のレントゲンを受けた後、点滴をうってもらったのですが、

スムーズに入っていかず。結局全部の点滴を終えることができませんでした。

 

最後は

「水分をしっかり取ってください」と医師に言われ、帰宅の途につきました。

↓下記は参考にリンク貼っておきます。

「食中毒について」:みんなの医療ガイド:お知らせ - 全日本病院協会

 

「本能に従う」のが一番良いというのを身をもって体験しました。

自宅に戻ってからも、水は飲みたくないので薄めに入れた紅茶にたっぷり入れた黒糖。

Dr.石原によると体が欲するものを取る。「本能に従う」のが一番良いとのこと。

 

あとはちょっと辛くても家で寝て、安静にしていたら治るかな、と思っていましたが、

なんと!突然マンションの水道が故障して断水。

トラブルが重なる時ってあるんですね。

食あたりの時に水が出ないのって、かなり厳しいので(トイレいけないし。。。)

結局は実家へ避難することになりました。

 

実家で「殺菌作用があるらしいから」と母親にすすめられた「ハチミツ」

(テレビの健康番組でやっていたそう)

試しに飲んでみたら、すごく美味しくて、体に(胃腸に)染み渡る。

そして、

持参した「湯たんぼ」でお腹を温めていたら、体調がかなり楽になってきたんですね。

やはり、体が美味しいと感じるものが、体が必要としているものなんだ。

 

今回、胃腸炎(食あたり)になってしまい、最初はとても落ち込みました。

でも、

これはきっと、人間の本能を磨く一つのレッスンになったのかな、と

思うことにしました。

 

下の写真は母親の差し入れの「みかんハチミツ」と愛用の「湯たんぼ」

f:id:mikikoparis19:20190616170228j:plain

「湯たんぽ」と「ハチミツ」

***********************************

ブログに訪れてくださる素敵なあなたへ。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

 

今回は最近、胃腸炎(食あたり)になった私が感じたことを

ありのままシェアしました。

 

あなたの毎日が健康で、ワクワク、ハッピーであること

私はいつも願っています。

ガンが私に教えてくれた3つのパワー「言葉の力」「自然治癒力」「生きる力」

こんにちは。MIKIKO (@mikikoparis19) です。

ちょうど今から1年前、私の人生にとって最大の転機がありました。

それは

「ガンを告知されたこと」

 

今までずっと書こうか、どうしようか迷っていたのですが、

私の体験が、どこかの誰かに役立つことがあるかもしれない。

そして、何より書くことで人生に起こったこの出来事を受け入れ、

私自身を本当の意味で癒すことができるかもしれない。

 

今回のお題「迷い」と「決断」を見て感じました。

f:id:mikikoparis19:20190605115803j:plain

それは渡仏を前に受診した5月の健康診断から始まった 

フランス人の彼と入籍することを決め、6月から約3ヶ月渡仏する予定でした。

少し長く滞在するので、毎年受診している健康診断をフランスへ行く前に予約。

そこで、思いがけず「精密検査」をすすめられました。

 

渡仏までの時間があまりないため、すぐに都内の病院を紹介してもらい受診。

胃や大腸の内視鏡検査、CT検査、MRI検査。たくさんの精密検査を受けました。

 

予約していた飛行機の出発2日前に告げられた病名

ガンを告知されたのは、ちょうどフランスへ出発する予定の2日前。

パソコンの画面に映しだされた検査結果の画像。

画像を見ながらの医師の説明が、まるで頭に入ってきませんでした。

突然、思いがけない病気を告げられ、頭だけでなく心もついてこれなかったから。

 

東京から名古屋の病院へ。山のような同意書を前にあたふたした。

東京には誰も親族がいないため、生まれ故郷の名古屋の病院へ移ることを決意。

都内の病院から病気の画像データと紹介状をもらい、名古屋の病院へ。

そこでも再度CT検査をし、病気と手術についての説明を受けました。

 

今までの人生で大きな手術をしたことがなく、全てのことが初めて。

手術の説明、手術をしない場合のリスク。

そして、手術をした場合に予想される危険・合併症・副作用と対処方法。

脳をフル回転させても追いつかない莫大な情報量に頭がパンクしそう!

手術を承諾した後は山のような同意書を目の前に渡され、あたふたしました。

 

「そのままで大丈夫」この言葉に支えられた日々

手術日が決まるまでの数週間。

毎日揺れ動く心を何とかして落ち着かせようと、もがく日々。

そんな時、見つけた本が

あなたの人生、そのままで大丈夫

 

不安で心がいっぱいのとき、安心を与えてくれた言葉「大丈夫、大丈夫、大丈夫」 - 東京・パリ、MIKIKOカラーライフ -Tokyo・Paris・Nagoya MIKIKO's Color Life

 

この本の中に書いてあるように、

毎日「そのままで大丈夫」を呪文のようにつぶやいていました。

(心に不安がたんまりあったので、おそらく1日に1000回以上)

 

ウソみたいな話かもしれませんが、

「そのままで大丈夫」を言っていたら、心が元気になってきたんです。

 

「言葉には魂がある」と病気になる前から思ってはいましたが、

言葉にこんなにもパワーがあるのを実感したのは初めてでした。

 

全身麻酔から目覚めた瞬間、主治医の言葉に力が抜けた

言葉のパワーに励まされ、いよいよ手術入院。

不安で心がいっぱいの手術当日の朝、

麻酔医の先生に付き添われ、手術室までの道のり。

手術台に上がり麻酔を打たれるまでの間。

ずっと心の中で「大丈夫」をつぶやいていました。

 

そして手術が終わって。

全身麻酔から目覚めると病室のベットの上。

目の前には主治医の優しい笑顔がありました。

 

「ガンだったけど、キレイに取れたから」

 

先生は私を安心させようと伝えてくれたんだと思うけれど、

その言葉を聞いた瞬間、力が抜けた。

(やっぱり、ガンだったんだ)

 

私の病気は開腹手術をして初めて病気の段階がわかる。

(もしかしたら、良性の腫ようでガンじゃないかもしれない…)

そんなわずかな希望を持っていたからだと思う。

 

術後の入院期間、毎日「がんばっている」細胞達(体)に心を励まされて

術後は酸素マスク、血圧計酸素モニター、胃菅チューブ、点滴など、全身がいろんなものに繋がれて思うように体が動かない。

事前の看護師さんの説明通り、手術後の3日間はかなり辛い日々でした。

 

でも病気になって気づいたのが人間の「自然治癒力のすごさ。

開腹手術をして傷ついた皮膚が元に戻ろうと再生していく姿。

血栓予防の注射で青くなった皮膚の色が少しずつだけど薄くなっていく様子。

人間の自然治癒力ってすごい!開腹手術を体験して感じたこと - 東京・パリ、MIKIKOカラーライフ -Tokyo・Paris・Nagoya MIKIKO's Color Life

 

がんばっている自分の体(細胞達)に心を励まされました。

「体が治ろう、治ろうとがんばってるんだから、私も早くよくなるようにがんばろう」

 

自然治癒力を上げよう!そう、心に誓った退院後。

約2週間の手術入院の後、実家での療養生活が始まりました。

入院中に人間の自然治癒力のすごさを体感したので、

退院後、どうしたら体が本来持っている自然治癒力をアップできるのか?

色々な本を読みました。

その中で一番心に響いた本が

医学博士・石原結實(いしはら ゆうみ)先生(石原結實オフィシャルサイト)の

体を温めると病気は必ず治る でした。

 

病気の元になっているのが「冷え」

本を読んでいると、思い当たることがたくさんありました。

そして、まずは無理なく実践できる「しょうが紅茶」「少食」

「毎日、体温を計る」ことからスタートしました。

 

病気になってしまった過去の自分を許す

先日、5泊6日のにんじん・りんごジュース断食を体験。

私にとって大切な本「体を温めると病気は必ず治る」

著者の医学博士・石原結實(いしはら ゆうみ)先生に

直接、お会いしたくなったからです。

www.mikikoparis19.com

断食3日目、石原結實(いしはら ゆうみ)先生の夫人・石原エレナさんの講演会

「心も元気に 体も元気に」に参加する機会がありました。

 

そこで参加者一人一人、ルイーズヘイさんのパワーカード(ルイーズヘイ・パワーカード)を引く機会があり、私が引いたカード

f:id:mikikoparis19:20190524112004j:plain

この言葉を読んで思い浮かんだのが、

「病気になってしまった自分をせめたこと」

 

退院後、療養生活も約10ヶ月。

体もずいぶん回復し、同時に心も元気になったと思っていましたが、

このカードを見て涙が出てきました。

 

私は病気になってしまった自分をせめた。

でも、私は私なりにベストを尽くしてる。

そんな気持ちを認め、

今、ようやく「自分をせめる」気持ちを手放すタイミングが来たのを感じました。

f:id:mikikoparis19:20190524112029j:plain

甘い、辛い、酸っぱい、苦い、塩っぱい!人生の美食家(グルメ)になりたい。

手術をする前に出会った元気をくれた作家・本田健さんの言葉

「100%、上手くいく未来とつながる」

そして「人生」を料理に例えた生き方のエッセンスのお話。

 

甘い、辛い、酸っぱい、苦い、塩っぱい。

料理の五味を存分に味わうのが美食家(グルメ)、料理を味わう達人。

人生においてもグルメになれば、

人生を味わいつくせる達人になれるのでしょうか。

 

人生の最後は

料理のフルコースのように甘いデザートで締めくくれたら、と思います。

www.mikikoparis19.com

健康のステージ、人生のステージをあげながら毎日を大切に生きていきたい!

夢に憧れた10代、夢を追いかけた20、30代。

挫折を経験しながらも再び起き上がった40代。

そして、人生半世紀の50代に

生きることを学び直すことになるとは夢にも思いませんでした。

人生って、何が起こるかわからない。

 

先日、ずっとお会いしたかった医学博士・石原先生の診察で言われた言葉

「健康のステージを上げていきましょう!」

 

これからの私の健康ライフのキーワード

「温め」「筋肉運動」「少食」

 

1年前の私には想像もつかなかった現在の生活。

 

健康のステージを上げながら、人生のステージも上げていきたい。

今、生きることを学び直し中。生きていることに感謝です。

 

【昨日は双子座(ふたご座)の新月】「情報」「タイミング」でチャンスの波にスイッと乗って幸運体質になる!

こんにちは。MIKIKO (@mikikoparis19) です。

昨日の夜は双子座(ふたご座)で新月でしたね。

私は朝から、何となくそわそわしてました。

皆さんは、いかがでしたか?

 

気分転換に外ランチ!お気に入りメニューが無くなっていて「時の変化」を感じた。 

ジュース断食後、ゆっくり体を普通食に慣らすため、毎日自宅で食事作り。

昨日は爽やかな晴天。

気分転換に外でランチがしたくなり、外出。

2月に食べた黒パンのオープンサンド。

久しぶりに食べたくなって、「アイスランドマーケット」へ行くことにしました。

【名古屋でお洒落ランチ】日本初!アイスランドのショップ&カフェ「アイスランドマーケット」で北欧にタイムスリップ - 東京・パリ、MIKIKOカラーライフ -Tokyo・Paris・Nagoya MIKIKO's Color Life

 

ところが、

お店のメニューをみるとお目当の「オープンサンド(スモーブロー)」がない!

f:id:mikikoparis19:20190604155603j:plain

ランチのメニュー表

お店のスタッフに確認したところ、

現在はブレッドボール(BREAD BOWL  & SALAD)のランチのみに変更になったそう。

 

スープが選べるし、付け合わせのサラダも美味しかったのですが、

やっぱり私は「オープンサンド(スモーブロー)」が好き。

 

お気に入りメニューが無くなった寂しさ。

そして「時の変化」を感じた出来事でした。

f:id:mikikoparis19:20190604153401j:plain

アイスランド・マーケット」で久しぶりのランチ

 

気を取り直して、午後の散歩後にスーパーで見つけた「双子座カラー」黄色のバラ

午後はいつも「筋肉運動」のためにウォーキング。

偶々、途中で立ち寄ったスーパー。

いつもは売られていない「バラの花」があるのを見つけ即買い。

 

大好きな「バラ」「ピンク色」

そして、今回の新月「双子座カラー」の黄色。

とっても幸せな気分になりました。

f:id:mikikoparis19:20190604153320j:plain

双子座カラー「黄色」と天秤座カラー「ピンク色」のバラ

「情報」と「タイミング」を支配しているサインが「双子座」 

Keikoさんによると

毎年、「双子座」で新月になると

「有益な情報」が入ってきたり、

「タイミング」が合わなかったものがカチッと合ったりしやすいそうです。

また、今回はパートナーや出会いに関する情報が入ってきやすいとのこと。

ワクワクしますね。


Keikoの占星講座|2019年6月3日「出逢うべき人に出逢える」双子座新月編

 

 デスクまわり、本棚をキレイにすることでタイミング力をアップする!

最後は私の愛読書(Keikoさん本)の一冊から抜粋。

「運のつまり」を取れば、幸運はあたりまえにやってくる! Keiko的 月の浄化術

運の正体は「タイミング」。

タイミングさえよければ、もう十分、強運になれる。

(中略)

12星座の中で「タイミング」を支配するのは、双子座。

その双子座が支配するのはまず、デスクまわり。それと、本棚。

月が双子座にある日はこうしたスペースをキレイにし、新しい流れを引き入れることで、タイミングを強化することが可能よ。

 

「Keiko的 月の浄化術 」p122から引用

 

「有益な情報」「タイミング」よく受け取れるようになれば、

チャンスの波にスイスイ乗ることができる!

そして、いつの間にか幸運体質になってる(笑)

ぜひ、そうなりたいですね。

 

**********************************

ブログに訪れてくださる素敵なあなたへ。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

 

今回は双子座(ふたご座)の新月

今、私が感じていることを

ありのままシェアしました。

 

あなたの毎日が健康で心地よく、ハッピーであることを

私はいつも願っています。

 

キーワードは「温め」「筋肉運動」「少食」ヒポクラティック・サナトリウム5泊6日の断食に参加して

こんにちは。MIKIKO (@mikikoparis19) です。

今日は2019年5月31日。

新しい年号「令和」になってから早1ヶ月。

5月は皆さんにとって、どんな月でしたか?

 

私にとっての5月、一番の収穫は

ヒポクラティック・サナトリウムで初めてのジュース断食を体験したこと。 

【ヒポクラティック・サナトリウム断食体験記(初日)】にんじん・りんごジュースの断食(ファスティング)で健康増進! - 東京・パリ、MIKIKOカラーライフ -Tokyo・Paris・Nagoya MIKIKO's Color Life

今回は5泊6日の断食を終えて、今の私が感じていることについてシェアしたいと思います。

f:id:mikikoparis19:20190531175204j:plain

自宅からの散歩途中に出会った元気が出る「黄色」い花

目次

 

行動して良かった!心と体にガツンと響く石原先生、ご本人のメッセージ

5泊6日のにんじん・りんごジュース断食中

医学博士・石原先生の診察を2回受けました。

石原結實 -ヒポクラティックサナトリム

 

お会いする前から、先生が書いた本を沢山読んで実践してきましたが、

 

ご本人から直接お話を聞く

 

これほど、心と体に響くメッセージはありません。

本当に行って良かった。行動して良かった。

心から、そう思います。

健康生活で重要な3つのキーワード「温め」「筋肉運動」「少食」 

一番はじめに読んだ石原先生の本

「体を温める」と病気は必ず治る

今回参加した健康講演会(毎週日曜朝、ヒポクラティック・サナトリウムで開催)

そして、

個人的に受けた診察の中でも教えていただきましたが、

健康生活で重要な3つのキーワード


1.温め
2.筋肉運動
3.少食

 

実際にヒポクラティック・サナトリウムで5泊6日のジュース断食を体験し、

「温め」「筋肉運動」「少食」

この3つの重要性をさらに実感しました。

 

ジュース断食を終えて、自宅で過ごす初日の朝は「温め」しょうが紅茶でスタート! 

ジュース断食前から実践中の「しょうが紅茶」

ヒポクラティック・サナトリウムから自宅に戻り迎えた朝。

断食でパワーアップした心と体に「温め」力の強いしょうが紅茶

元気が湧いてきます。

そして、

5泊6日のジュース断食を終えて、一番感じるのが

肌にツヤが出たこと

きっと、断食で血液が浄化されているからでしょうね。

 

ジュース断食を終えた2日目は「筋肉運動」1時間ウォーキングに挑戦!

石原先生の診察でアドバイスいただいた

「毎日1時間から2時間ウォーキングできるといい」

断食を終えた2日目に「筋肉運動」1時間ウォーキングに挑戦。

一人で歩き終えた時は、達成感でとってもうれしかったです。

きっと、ジュース断食期間中に仲間(断食フレンズ)と歩いた経験があったので、

歩くことに自信がついたのかもしれません。

一回に1時間でなくても、細切れ(30分、30分とか)でも良い!とのことだったので

無理せず続けていきたいと思います。

 

七味唐辛子たっぷりのお蕎麦で「温め」、腹八分目の食事で「少食」をキープ

石原先生オススメの「プチ断食」で出てくる基本食。

お昼は、お蕎麦か軽く和食。

そばが大好きなので、断食後の自宅でのお昼ご飯に

たっぷりの七味唐辛子をかけたお蕎麦(ワカメ&長芋)

後は、胃腸が弱いタイプなので付け合せに

千切りキャベツのサラダ(かつおぶしと醤油をかけて)

 

今回、ヒポクラティック・サナトリウムで購入した石原先生の本

「医者いらず」の食べ物事典

 

この本を参考に美味しいレシピを考えて楽しく実践していきたい。

もちろん腹八分目の「少食」を守りながら(笑)

***********************************

ブログに訪れてくださる素敵なあなたへ。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

 

今回はにんじん・りんごジュース断食

ヒポクラティック・サナトリウム

5泊6日の初めての断食を終えた今、

私が感じていることについてありのまま、シェアしました。

 

あなたの毎日が健康で、ワクワク、ハッピーであること

私はいつも願っています。

【ヒポクラティック・サナトリウム断食体験記(6日目)】にんじん・りんごジュースの断食(ファスティング)で健康増進!

こんにちは。MIKIKO (@mikikoparis19) です。

5泊6日ヒポクラティック・サナトリウム断食体験。

にんじん・りんごジュースの断食(ファスティング

今回は6日目の最終日についてご紹介したいと思います。

www.mikikoparis19.com

目次

ヒポクラティック・サナトリウムのジュース断食・最終日は朝5時に起床

初めてのジュース断食(5泊6日)なので少し不安もありましたが、

あっという間に最終日となりました。

朝は5時に起床。滞在中は毎日お天気がよく、ラッキー。

最終日も太陽の光でパワーチャージ。

部屋でラジオ体操をした後、温泉へ。

外の木々の緑、鳥のさえずりを聞きながらの露天風呂。

最高に気持ちが良かったです。

f:id:mikikoparis19:20190528094659j:plain

朝日を感じながらパワーチャージ

5泊6日のジュース断食・3回目の補食(お粥)を食べた後は東京へ移動

最終日は朝8時ににんじん・りんごジュースを1杯。

そして、10時に補食(お粥)を食べて5泊6日のジュース断食が終了しました。

 

下記の写真が3回目の補食(お粥)。

断食で胃が小さくなっているのか、お腹いっぱいで完食できず。

お粥、納豆を半分とお漬物を残しました。

f:id:mikikoparis19:20190528094633j:plain

補食2回目 玄米重湯、みそ汁(キャベツ入り)、大根おろし(じゃこ入り)、納豆、湯豆腐、漬物

ヒポクラティック・サナトリウムから伊東駅、そして熱海から東京へ
 

11時にヒポクラティック・サナトリウム・スタッフの方が伊東駅まで車で送ってくださいました。

その後、東京で用事があるため、伊東駅から熱海へ。

そして熱海で新幹線に乗り換えて東京へ向かいました。

 

せっかく断食で体の中がきれいになっているので、

お気に入りのラウンジに行ってもハーブティーを飲むだけにしました。

f:id:mikikoparis19:20190528094853j:plain

焦らず、ゆっくりと普通の生活に戻していこうと思います。

下の写真はホテルのロビー内。

お祝いの言葉が書かれていて、幸せのおすそ分けをいただいた気分になりました。

f:id:mikikoparis19:20190528094924j:plain

***********************************

ブログに訪れてくださる素敵なあなたへ。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

5泊6日にんじん・りんごジュース断食の最終日

ヒポクラティック・サナトリウム体験記(6日目)

についてご紹介しました。

 

あなたの毎日が健康で、ワクワク、ハッピーであること

私はいつも願っています。

【ヒポクラティック・サナトリウム断食体験記(5日目)】にんじん・りんごジュースの断食(ファスティング)で健康増進!

こんにちは。MIKIKO (@mikikoparis19) です。

5泊6日ヒポクラティック・サナトリウム断食体験。

にんじん・りんごジュースの断食(ファスティング

早いもので滞在5日目になりました。

www.mikikoparis19.com

目次

体温が36.8℃!お通じもよくて快調な断食5日目の朝

昨日は断食のデトックス作用なのか?急にお腹が痛くなってヨガイベントを途中で退席。夜の9時30分にはベッドへバタンキュー。

でも、そのおかげ様?で(笑)今朝は日の出時間(4時30分過ぎ)に起床。

太陽の光のパワーをたっぷり浴びてから早朝の温泉へ。朝からすこぶる元気。

 その後体温を測ったら36.8℃。お通じもよくて快調な断食5日目のスタート。

5泊6日の断食体験、5日目から補食が始まりました。

補食とは?

断食後から普通食に戻すまでの期間を補食と言います。
いきなり普通食に戻したり、食欲にゆだねて食べ過ぎたりすると、

却って体調を崩す事もあり、断食療法の成否はこの補食がうまくできるかどうかに関わっています。

重湯、お粥、玄米食(正食)と柔らかい食事から、硬い食事へと、

2~3日かけて段階的に摂っていくことで、胃と腸の消化機能を徐々に回復させていきます。

断食-ヒポクラティックサナトリウムより引用

 

〔補食期間中の1日のスケジュール〕

08:00… ニンジンジュース コップ1杯(180cc)
10:00… 補食
15:00… 生姜湯 コップ1杯(100~150cc)
17:00… 補食

 

断食-ヒポクラティックサナトリウムより引用

朝のにんじん・りんごジュース1杯の後は医学博士・石原氏の健康講演会へ

何泊するかによって補食のスケジュールが変わるのですが、

断食スケジュール5泊6日の私は5日目から補食がスタート。

 

まず断食中は朝、昼、晩に1回3杯だったにんじん・りんんごジュース。

補食になると朝の1杯のみになります。

 

そして今日は楽しみにしていた医学博士・石原氏の健康講演会

(毎週日曜日の朝8時30から約2時間30分予定)

ワクワク会場へ向かいました。

 

内容についてはまた別の機会に書きますが、

とても勉強になる健康の知識、簡単に実践できる健康法についてなど内容盛り沢山。

笑をまじえて、わかりやすく、楽しくお話しされる石原 先生。

素晴らしかったです。

 

補食第1日目は消化の良い糖質中心の流動食の重湯から

石原 先生の講演会が終了後、11時30分頃から補食をいただきました。

(今日は大幅な時間延長で3時間もお話ししてくださったんです)

 

断食後の補食1回目

玄米重湯・味噌汁(具なし)・大根おろし・梅干し。

 

断食が終わって、いきなり普通の食事に戻すと体調をこわすことがあるため、

この補食期間がとても大事。

重湯、お粥、玄米食(正食)と柔らかい食事から、硬い食事へとゆっくり戻していきます。

断食後に初めて食べた玄米の重湯。

身体中にじわーっと染み渡る。感謝していただきました。

久しぶりの大根おろしも、すごく美味しく感じましたよ。

f:id:mikikoparis19:20190526122935j:plain

補食一回目(重湯) 玄米重湯・味噌汁(具なし)・大根おろし・梅干し

f:id:mikikoparis19:20190526123114j:plain

重湯に黒ゴマ

冷えと水分代謝のわるさを解消!しょうが湿布を初体験

15時からは予約していたしょうが湿布を初体験してきました。

場所はヒポクラティック・サナトリウム内にある

伊豆高原大室山鍼灸治療院

生姜を使った湿布は、強い血行促進・保温効果により、

冷え・こり・むくみ・血行促進・倦怠感などに効果的です。

お腹には、胃腸・肝臓・腎臓をはじめ、たくさんの内蔵器官が存在しています。
よって、お腹を温めることによって、

大切な浄血器官の肝臓・腎臓の働きを活性化し、毒素排泄が旺盛になります。胃腸の働きも強められ、全身の新陳代謝が盛んになります。

生姜湿布 -ヒポクラティックサナトリムより引用

しょうが汁を浸した熱いタオルを体全体に巻かれて、背面とおもて面と各10分ずつ。

びっくりするほどの発汗作用で汗びっしょり。

でも、終わった時にはとてもスッキリ。

体ポカポカ、お肌もツルツルになりましたよ。 

 

夕方の補食2回目に出された甘エビ入りのお味噌汁に感動

断食後の補食2回目

玄米重湯・味噌汁(具なし)・大根おろし・梅干し。

断食中もお味噌汁はずっと飲んでいましたが、全部具なし。

補食2回目にエビ入りのお味噌汁が出てきた時は感動しました(笑)

f:id:mikikoparis19:20190526183112j:plain

補食2回目 玄米重湯、みそ汁(甘エビ入り)、大根おろし(じゃこ入り)、梅干し

お味噌汁の中に、こんな大きな甘エビが3つも入っていました。

断食後は味覚がとても敏感になっているので味が濃く感じますが、

エビの出汁がお味噌汁に溶け込んでいて、すごく美味しかったです。

f:id:mikikoparis19:20190526183153j:plain

***********************************

ブログに訪れてくださる素敵なあなたへ。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

 

今回は、いよいよ終わりに近づいてきた5泊6日ジュース断食初体験!

ヒポクラティック・サナトリウム体験記(5日目)

についてご紹介しました。

 

あなたの毎日が健康で、ワクワク、ハッピーであること

私はいつも願っています。

 

【ヒポクラティック・サナトリウム断食体験記(4日目)】にんじん・りんごジュースの断食(ファスティング)で健康増進!

こんにちは。MIKIKO (@mikikoparis19) です。

ヒポクラティック・サナトリウムでの断食体験も早いもので4日目になりました。

にんじん・りんごジュースの断食(ファスティング

ヒポクラティック・サナトリウムでの滞在4日目。 

体験記についてご紹介したいと思います。 

www.mikikoparis19.com

目次

f:id:mikikoparis19:20190523142607j:plain

 

朝のジュースを飲んだ後「伊豆の瞳」と呼ばれている一碧湖(いっぺきこ)へ

4日目は、朝のジュースを飲んだ後に断食仲間と一緒に一碧湖(いっぺきこ)へ行ってきました。

一碧湖(いっぺきこ)は、伊豆半島東岸、静岡県伊東市にあるで、

火山の火口に水が溜まったもの。

伊豆東部火山群の一つである。

一碧湖 - Wikipediaより引用

 

伊東市観光協会さんのサイトによると

一碧湖(いっぺきこ)は

「伊豆の瞳」と呼ばれ、

周囲4kmのひょうたん型の景観の美しい湖

伊豆の瞳 一碧湖 | 伊東観光協会オフィシャルサイト より引用

 

遊歩道があるので、断食仲間と一緒にゆっくりと湖を一周。

暑い日ですが、湖のほとりは木々の緑がいっぱいで爽やかでしたよ。

f:id:mikikoparis19:20190525133507j:plain

f:id:mikikoparis19:20190525133606j:plain

f:id:mikikoparis19:20190525135222j:plain

一碧湖にて

午後15時のティータイム後、池田20世紀美術館で美術鑑賞

ジュース断食中、15時がティータイム。

この時、生姜湯(ショウガ湯)かローズヒップティーを選ぶことができます。

私は毎日、15時のお茶はローズヒップティー

きれいなローズ色と香りに癒されるし、優雅な気分になるからお気に入り。

(ジュース断食期間中の1日のスケジュール〕

08:00… ニンジンジュース コップ3杯(540~600cc)
10:00… 味噌汁(具無し) お碗1杯(150cc)
12:00… ニンジンジュース コップ3杯
15:00… 生姜湯 (黒糖入り)コップ1杯(100~150cc)
17:45… ニンジンジュース コップ3杯

断食-ヒポクラティックサナトリウム より引用

f:id:mikikoparis19:20190523190245j:plain

ローズヒップティー

4日目の午後は、断食仲間と一緒に池田20世紀美術館へ行ってきました。

f:id:mikikoparis19:20190525202825j:plain

池田20世紀美術館 (いけだ20せいきびじゅつかん)は、

静岡県伊東市十足614にある、

20世紀の現代美術を中心とする私立美術館である。

1975年、ニチレキの創業者池田英一の手によって設置された。

池田20世紀美術館 - Wikipediaより引用

池田20世紀美術館の建物は彫刻家の井上武吉氏の設計

展示館の外壁は日本ではじめてのステンレススチール張りだそうですよ。

美術館のご紹介 | 公益財団法人池田20世紀美術館 より引用

f:id:mikikoparis19:20190525202851j:plain

池田20世紀美術館

断食4日目・午前午後アクティブに動きすぎたからか夕食タイム後にデトックス
 

夕食のジュースを飲んだ後、夜にヨガイベントに参加したんですが、

途中、お腹が痛くなって退出(泣)

断食4日目、午前と午後、あまり休憩しないで外出ばかりしたからなのか。。。

これもデトックスの一つなのかな、と4日目の夜は9時30過ぎにはベッドに入りました。

***********************************

ブログに訪れてくださる素敵なあなたへ。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

今回は

ヒポクラティック・サナトリウム 断食体験記(4日目)

についてご紹介しました。

 

あなたの毎日が健康で、ワクワク、ハッピーであること

私はいつも願っています。