Sponsored Link

【2017年1月パリ散歩(4)】父の昔話を思い出させるフランス・ブルターニュの老舗缶詰メーカー la belle-iloise(ラ・ベル・イロワーズ)

こんにちは。MIKIKOです。
今日の東京は快晴!
天気予報によると、気温が上がり暑くなるとのこと。
秋ですが、水分を多めに取って過ごしたいと思います。
 
さて今回は引き続き、食欲の秋に関するパリ散歩についてご紹介したいと思います。
 
 
2017年1月
 
ずっと前にお土産に頂いてから、
次回のParisではぜひ!行きたいと思っていたお店
Conserverie la belle-iloise
 (コンセルヴリ・ラ・ベル・イロワーズ)
 
老舗のコンセルヴリ(缶詰工場)のお店です。
今回やっと行くことができました。
 
メトロOdéon から徒歩3分くらい。
{E1DD404B-9025-41B7-AF82-8143E696800D}
伺った日は雨が降る寒い日。
風邪気味だったのでテンションがちょっと低めだったんですが…
 
一歩店内に入ると気分が一気にUP!
理由はカラフルな缶詰が可愛く並んでいたから。
{6E4E05B5-D1F5-445F-9F59-7FDBFC904D18}
私は色が大・大・大好きなので
キレイな配色を見るだけでテンションが上がり、ワクワクします!
(単純ですね)

{2A6FB748-D3B7-4333-898F-43E910DD080E}
イワシ、サバ、ツナ、サーモンのオイル漬けやスープ、
またアペリティフ用のリエット等種類が豊富。
 
買い物好きの私は一つずつ棚を回っては、
「どれにしよう? あっ、これもいいな」と迷いに迷い…
 
お店にいるスタッフのお兄さんに色々相談。
 
お兄さん曰く、
「一番古くからある定番の缶詰を選ぶか、
もしくは最近の缶詰、あとは好みかなぁ」とのこと。

{5A14A42B-C05B-49DF-B2F4-8777C7446C8A}
結局、老舗の味を感じたくて一番シンプルなオイルサーディン、
そしてもう一つはグリーンペッパーのオイルサーディンを購入しました。
 
私の缶詰の思い出は父の昔話。
父が大学卒業後、最初に入社したのが静岡の缶詰工場。
私が子供の頃、よく缶詰の話をしてくれたんです。
港で水揚げした新鮮な魚を缶詰にする話です。
新鮮な魚を使い、丁寧な手作業。
 
国は違いますが、なんとなくブルターニュの老舗 La belle-iloise と似てるなぁと。
 
右側の缶詰が昔からある定番のオイルサーディン。
これを父へのお土産にしました。
食べた感想を聞くのが楽しみです。
{6153DACE-483D-4B5F-8C87-FD7CCA88FB50}
お店のリンクは下記になります